教育理念
「人と向き合い生命と心を
支える看護師」を
育成します。

学園理念

学校法人穴吹学園理事長

穴吹忠嗣

穴吹学園は「地元主義」の専門学校です。地元の優秀な人たちを地元で育成し、地元で活躍してもらうことを通して地元に貢献すること、これが学園理念です。職業人としてしっかりとした知識と技術は勿論のこと、正面から人と向き合う人間力と社会を支える高い志(こころざし)を有する人材の育成が目標です。その実現のために、校訓である「日々是前進」そのままに、学校は日々学生と共に目標に向けて一歩ずつ歩んでいます。人と向き合い生命と心を支える看護師の人材育成を目指すこの学園で学ぶことが、皆さんの未来と希望につながる第一歩となることを願っています。

教育理念

「職業教育を通して、地域社会に貢献する人材を養成する」が穴吹学園の教育理念です。その理念の下、穴吹医療大学校では地元の学生を地元で育て、「高い専門力」と「豊かな人間力」で地域社会に貢献する医療専門職を育てています。そして、看護学科通信課程では、「人と向き合い生命と心を支える看護師」を目標人材像とし、その育成に努めています。看護の役割は、健康に問題を抱えた人々が心と体で体験している「生活のしづらさ」に向き合い、よりよい状態、あるいはより満足できるケアを実施することです。超高齢社会、少産・少子時代を迎え、医療の進歩とともに看護師のスキルアップが求められています。本学科では、世の中に期待される看護師として活躍するために、人と向き合い、ケアの根拠を説明し、安全・安楽な技術を提供することで、自己治癒力を高めることができる能力を育成します。

メッセージ

  • 穴吹医療大学校 校長

    横倉益弘

  • 人と向き合う「人間力」と、
    社会を支える高い「志」を。

    穴吹学園は時代のニーズにあったスペシャリストを育て輩出することを通して、地域の活力と発展に貢献することを目指しています。そのために、人と向き合う人間力を培い社会を支える高い志を持った人材の育成に、校訓「日々是前進」で歩んでおります。
    穴吹医療大学校看護学科通信課程は、みなさんのこれまでの豊かな看護経験を活かしつつ科学的根拠に基づいた看護実践力、一人ひとりと正面から向き合う力、専門職業人として自ら学び続ける力を身につけ、地域の保健医療福祉の発展にいっそう貢献できる人材となるよう支援します。

  • 放送大学香川学習センター所長

    有馬 道久

  • 放送大学は、
    看護師資格取得を強力に支援します!

    これからの少子・超高齢化社会に向けて、医療の現場ではいっそう質の高い看護が求められています。こうした医療現場を支える准看護師の皆さま方が、働きながら、看護師資格を取得できるよう、放送大学は通信制の高等教育機関として充実した学習環境を提供します。そして、中国・四国各地域の放送大学学習センターは、放送授業から面接授業(スクーリング)、学習相談、そして単位認定試験に至るまで、皆さま方の学びを強力にサポートします。

穴吹カレッジグループは、
中四国最大規模の総合カレッジ

穴吹カレッジグループは、中四国地区に14校の専門学校を擁する専門学校グループです。
このネットワークのもと、常に教育環境の充実をはかり、時代を捉えた多彩な学科・専攻・コースの設定で、「好きを極めたプロフェッショナル」を養成し続けています。開校以来、約39,000名の卒業生が企業・病院・施設の地域社会で活躍しています。

資料請求
説明会